仮想通貨ICOトークン開発・RPA・ブロックチェーン構築サービス


ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンというキーワードが、最近になってメディアでよく聞く機会が多くなっています。
仮想通貨と並んでよく出てくるこのブロックチェーンとは、仮想通貨ビットコインの根幹にある技術で、世界中のコンピューターで全ての取引記録を共有し、データの改竄などを困難にする仕組みのことです。

一定の取引データの塊(ブロック)をチェーンの様に繋ぐのでチェーンと呼ばれ、ブロックチェーンで構築されたコンテンツは、

  • データのコピー不可
  • データの改竄不可
  • データの消失不可

という現在、最も安全にデータを守り、保管する方法として知られています。
政府機関や金融機関だけでなく世界中の大手企業も、どんどんと導入を進めている最新技術です。

このブロックチェーンは世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、改竄することが出来ないネットワークを作る技術です。
このブロックチェーンを止めるには地球全体を壊滅させる程の戦争が勃発するか、全世界の機械類が同時に破壊されてしまう程の大規模な太陽風に襲われるか位の災害が起きる必要があります。

なぜならば、データを保持する全てのパソコンを壊さなければ、ブロックチェーンはコピーしながら復活することが出来るからです。

また、ブロックチェーンは、ネットワーク上にあるデジタル情報が、勝手に複製されないことを保証する史上初のシステムです。
その技術が最初に通貨(ビットコイン)に応用された理由もここにあります。
なぜかというと、誰かに通貨を渡す(支払う)際に、その通貨のコピーを手元に残せる(通貨が減らない)様では通貨の意味を致しません。
顧客はそのデータをコピーも改竄もすることが出来ないし、手放す時は自分の手元にコピーを残すこともできません。

自社の何かにブロックチェーンの技術を導入してみたいと考えている場合は是非お問い合わせ下さい。

 

仮想通貨ICOトークン・仮想通貨ウォレットの開発が可能です。

今や世界中に何千と言われるほど種類のある仮想通貨。その中で暗号通貨と名乗れるのはブロックチェーンを用いてるものに限られます。

今、御社様のビジネスやプラットフォームの中でブロックチェーン技術を用いた暗号通貨を走らせたい場合、もしくは、行政として地域の仮想通貨を作成したい場合は、弊社にご相談下さいませ。
仮想通貨を独自で発行することが出来れば、メディアの注目を集めることも可能ですし、仮想通貨はそれ自体が人気投資コンテンツですので、仮想通貨自体をサービスの一つとして提供することも可能です。

仮想通貨自体を作成するサービスを提供している企業や、仮想通貨のトレード画面(チャート)などを提供出来る業者は日本中でも、ほぼ皆無と言われています。

※仮想通貨のICOとは? ⇒ ICOとは、Initial(最初の) Coin(コイン) Offering(売り物)の略称となり、「仮想通貨を使った資金調達」といった意味となります。 
丁度、株式のIPO(Initial Public Offering)、新規公開株に似ております。 
IPOは株式を発行し、投資家から資金を調達しますが、ICOの場合はコイン(トークン)を発行することになります。 

※ウォレットとは? ⇒ 簡単に申し上げますと、「仮想通貨を保管する場所」となります。仮想通貨は様々な場所に保管することが可能ですが。概ね大別すると4種類となります。 

1.取引所 
2.Webウォレット 
3.ソフトウェアウォレット 
4.ハードウェアウォレット 
 
一概に言えない所もございますが、セキュリティの安全性は下に行けばいくほど高くなります。

もちろん、アプリ開発やプラットフォームシステム開発からもご相談をお受けしております。

ブロックチェーン開発・仮想通貨ICOトークン開発・仮想通貨ウォレットの目安開発価格について

以下は目安の価格ですので、御見積依頼・お問い合わせ等ございましたら、お問い合わせフォーム・ChatWork よりお気軽にご相談下さいませ。