仮想通貨の海外法人口座を海外に開設する事に関しては?

海外の仮想通貨取引所に法人口座を開設する場合には、まず海外法人を設立して、その法人名義の法人口座を開設するのであれば、別段、問題はございません。

マレーシア・マルタ・ベトナム・香港あたりがベターだと思いますが、大抵、日本よりも税率が安くなることもあり、節税できる可能性があります。

ただ、仮に法人口座を開設できたとしても、税金の問題があります。

個人が海外取引所で得た利益については、居住地である日本で課税されるため、日本で確定申告をして納税すれば問題はありません。

逆に、海外の現地法人であれば、仮想通貨の取引で得た利益は現地の法律で課税されるので、現地で納税すれば問題ありません。

海外取引所で法人口座を開設する場合は、海外法人を設立して現地の法律に従って納税するのが確実ですので、
国際的な活動をアピールすべく、トークンの発行主体は 海外に設置する形です。
※サイトの表示は 日本語と英語。

尚、ICO実施は「2ヶ月間×3期」、つまり半年に分けて 国際的に行う。好条件(第1期)~安条件(最終分譲期)。
トークンの発行主体とは、「発行する法人」の意味です。

・国内に設置すると、日本の各法律の影響を受けます。
・海外に設置すると、日本語表示にさせることで、ある程度のリスクが減ります。

https://アナハイムエレクトロニクス.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

23 + = 24